青春の幻影 さらば999 (後編)


    
「銀河鉄道999」 アニメDVD


鉄郎は、終着駅「惑星プロメシューム」で、ミライという女性の案内で 機械の世界 を見る。
そして、このまま人間でいようと決心する。

メーテルを機械帝国の手先と思い込み、反逆して失敗・・・
劇場版 とは、かなり展開が異なる。


~ナレーション 青春の幻影 さらば999 (前編)のあらすじ~

ついに鉄郎は 機械の身体 をタダでくれる星に到着した。
しかし、機械人間になることの虚しさを知って
たとえ限りある生命でも生身の身体のままでいようと決心した。
プロメシュームは999もろとも鉄郎をブラックホールで処刑しようと図った。
鉄郎を助けようとしたメーテルも、プロメシュームの手で捕らえられてしまった。


~本編 「青春の幻影さらば999 後編」~

999はブラックホールに引き寄せられ、鉄郎は手錠・足枷の状態。
車掌 「鉄郎さん!」 
鉄郎 「車掌さん!」
車掌 「いや、いくら機関車がパワーアップしても、どうにも」 
鉄郎 「ええっ!!!」
車掌 「もうダメです、鉄郎さんも私も、999も、じきに押しつぶされる運命で・・・」
鉄郎 「冗談じゃない。こんな所で死んでたまるか!生きるんだ。生きるんだよ。
車掌さん!黙ってプロメシュームに殺されるつもりかい?」
車掌 「鉄郎さん..やりましょう。最後の最後まで」
鉄郎 「車掌さん!」
車掌 「鉄郎さん、銃は持ってますね?」
鉄郎 「うん」
車掌 「動かないで」
銃が鉄郎の手足に架けられた鎖を壊す。
鉄郎 「やったー!」 
機関車室へ。
機関車 「ダメデス。惑星プロメシュームカラ強力ナ誘導波ガ流レテイマス。振リ切レマセン」
鉄郎 「何だって誘導派が?」 
車掌 「最大パワーで脱出するんだ!」
機関車 「シカシ長イアイダ続ケルト、空中分解ノオソレガ」
鉄郎 「死んでもともと、さあ早く!」 
機関車 「ワカリマシタ」
メーターが振り切られ、火花を散らす機関車。
だが、脱出できない。
プロメシュームの幻影。
プロメシューム 「いくらあがこうとも、しょせんは無駄なこと。
フフフ、メーテルよ、鉄郎の死にざまをよく見ておくがよい。
いずれお前も鉄郎の後を追う定め、フフフ・・・」


~メーテルが捕まっている牢獄~

メーテル 「鉄郎・・・」
立ち上がり、指輪からレーザー光線で扉を貫く。
見張りをムチでなぎ倒し、コントロール室へ。
ムチと指輪レーザーで監視を倒し、誘導派をカットし、マイクを持つ。
メーテル 「鉄郎、あたしよ、聞こえる?」


~999の内部~

鉄郎 「メーテル?」
メーテル 「誘導派をカットしたわ。早く脱出するのよ」
鉄郎 「え、でもメーテル..」
メーテル 「私はいつでもあなたの味方。さあ早く」
鉄郎 「メーテル..」 運転席へ。
車掌 「鉄郎さん、運転できますか?」
鉄郎 「やるしかないよ」
レバーを引く。
車掌 「それは汽笛ですよ」
鉄郎 「わかってるよ」
車掌 「動いてませんよ」
鉄郎 「えーい、これならどうだ!」
車掌 「あ、動いた、動きましたよ」
鉄郎 「よし」
車掌 「動いたー」
鉄郎 「やった、じゃあ車掌さん、戻るよ」
車掌 「へ?」
鉄郎 「車掌さんは僕がメーテルを連れて来るまでに、機関車の修理を頼むよ」
車掌 「ハイ」
鉄郎 「よし、行くぞ!」


~惑星プロメシューム 王座~

プロメシューム 「なに。999が脱出したと?」
部下 「は、すでに惑星ステーションに戻っている模様にございます」
プロメシューム 「で、メーテルの行方は」
部下 「は、それがまだ」
プロメシューム 「ええい、何をしておるのじゃ、殺せ!鉄郎もメーテルも殺しておしまい!」


~プロメシュームの城、鉄郎が潜り込む~

城の中、何者かが来て隠れる。
鉄郎 「あ、ミライ..」
廃棄場に飛び込もうとするミライを止める。
鉄郎 「止めろ!!何てことをするんだ」
ミライ 「放してください!仕事に失敗した以上、こうするしかないんです」
鉄郎 「仕事?」
ミライ 「私はあなたの未来、機械の世界に導く女。でもあなたは生身の身体を選びました。
もう私の存在価値はありません。死なせて、死なせてください!」
鉄郎 「ばか!」
殴る。
泣きくずれるミライ。
鉄郎 「何てことを言うんだ、君は・・・
君にだって君の人生ってもんがあるだろ。
なぜ自分のために生きようとしないんだ。
そういうことを考えたことがないんなら、たった今から考えればいい。
誰にだって自分のために生きる権利があるんだよ。
ミライって君の名前は、僕の未来じゃない、
君の未来のためにあるんだ」
ミライ 「鉄郎さん・・・」
鉄郎 「約束してくれるね?
もう二度とこんなこと、しないって。いいね?」
ミライ 「はい」
監視カメラに見つかり、光線をよけて銃で破壊する鉄郎。
鉄郎 「見つかった!行こう!」
廃棄場の扉が開き、銃を構える鉄郎。
鉄郎 「メーテル」
メーテル 「鉄郎!」
鉄郎 「メーテル!ごめんよメーテル。疑ったりして。ホントにごめん」
メーテル 「いいのよ、もう」
鉄郎 「さあ早く、999へ戻ろうよ」
メーテル 「先に行っててちょうだい、私にはやることがあるの」
鉄郎 「やることって..メーテル、
まさかプロメシュームを?プロメシュームはメーテルのお母さんじゃないか!」
メーテル 「そう、そのためらいがあったために あなたを危うく死なせるところだった。
でももう、二度とためらうことはないわ、二度と・・・」
鉄郎 「メーテル、でも、どうやって?」
メーテル 「ただ一つだけ、お父様のエネルギーカプセルさえあれば」
鉄郎 「そのカプセル、どこにあるんだい?」
メーテル 「お母様のところよ」
鉄郎 「何だって? それじゃ取りに行くなんて、とても無理じゃないか!」
ミライ 「私に..私にやらせてください!」
鉄郎 「ミライ・・・」


~惑星プロメシューム 王座~

プロメシューム 「ええい、メーテルと鉄郎はまだ見つからぬのか!」
部下 「は、申し訳ございません」
扉が開く。
プロメシューム 「ミライ・・・まだ生きておったのか。」
ミライ 「はい..じつはメーテル様と星野鉄郎の居場所についてお話が・・・」
プロメシューム 「何? ふたりの居場所を知っておるのか」
ミライ 「はい」
プロメシューム 「早く申せ」
ミライ 「はい・・・」
プロメシュームの手からカプセルを奪い、逃げるミライ。
プロメシューム 「追えー!」
廊下を駆けるミライ。
鉄郎とメーテル登場。
鉄郎 「ミライ!」
ミライ 「鉄郎さーん!あっ!」
銃で胸を打ち抜かれる。
鉄郎が銃で敵を倒す。
倒れるミライ。
ミライ 「鉄郎さん..これを。私、自分の未来のためにやったのよ。
あなたのおかげで本当に生きることがどういうことか、やっと分かった」
鉄郎 「ミライ..」
ミライ 「ありがとう、鉄郎さん、素晴らしい未来を見つけてね。
あなたならできる、きっと」
ミライ、絶命する。
鉄郎 「ミライ!! さあ、メーテル」
メーテル 「お父様・・・」
カプセル 「うむ、あとは任せたぞメーテル」
メーテル 「はい」


~惑星の中心~

鉄郎 「誰もいない、今だよメーテル!」
駆ける2人に声が聞こえる。
プロメシューム 「メーテル、馬鹿なことはおやめ、
私の大事な娘よ、いま一度、話し合おう。私の愛しい娘」
メーテル 「もうその手には乗りません、お母さま!」
プロメシューム 「何?」
メーテル 「私が今着ているこの服は、お母様に殺された大勢の若者たちを弔う喪服。
この喪服を汚すことはできません!」
カプセルを投げようとするメーテルの手をプロメシュームが掴む。
プロメシューム 「この罪深い娘が、どうあってもこの母を殺そうというのか」
鉄郎 「メーテル!」
プロメシューム 「ふふふ・・・、撃てるか。撃てばメーテルも死ぬぞ」
苦しむメーテルの手からカプセルが落ち、鉄格子に引っ掛かる。
格子を鉄郎が撃ち、落下していくカプセル。
地揺れが始まる。
プロメシューム 「おのれ、私はこのままでは滅びぬ。おまえたちも道づれにしてやる」
爆発が起こり、火炎がプロメシュームを包む。
プロメシューム 「うわああああ、メーテル、動力炉を壊されたこの星はブラックホールに吸い込まれる。
おまえたちも生きてこの星は出られぬ。わは、わはははは..(燃え尽きる)」
メーテル 「お母様・・・」
鉄郎 「大変だ、逃げるんだ、メーテル、メーテル!」


~爆発する惑星プロメシューム 逃げ惑う人々~

メーテル 「よく見ておきなさい、鉄郎。
永遠の命を手に入れた者は、いざという時、何にもできないわ」
鉄郎 「うん、こういうときは捨て身になれる僕たちのほうがはるかに強いんだね!」
プラットホームへ。
鉄郎 「車掌さーん」
車掌 「鉄郎さん、メーテルさん、さ、早く!」
機関車は、なかなか動かない。
鉄郎 「動け、動いてくれ」
車掌 「機関車、頼む!」
何とか動き出す999。
車掌 「やった、やりましたよ」


~999から爆発する惑星を見る~

爆発しながらブラックホールに吸い込まれる惑星プロメシューム。
メーテル 「むかしは優しい母だった..鉄郎のお母さんに負けないくらい・・・
でも、この宇宙に永遠の理想卿を作ろうとしたときから、母は変わった。
私から遠いところへ行ってしまった・・・
そして父からも・・・
むかし、父や母と暮らしていたあのころが懐かしい・・・
もう一度..あのころに帰りたい・・・」
999の最後尾の手すりにしがみついて泣くメーテル。
鉄郎 「メーテル・・・」
メーテルの肩に手をのせる。
鉄郎 「メーテル..メーテルの涙、はじめて見たよ」
鉄郎にしがみつき、泣き続けるメーテル。


~惑星コウモリのプラットホーム 999のとなりにに777~

鉄郎 「さあ、いよいよ僕の新しい旅が始まるぞ~!」
伸びをする。
車掌 「鉄郎さん、これからはどちらへ?」
鉄郎 「もちろん地球へ帰るのさ」
車掌 「そんなまだ機械人間がのさばってますよ」
鉄郎 「大変なことは分かってるさ
でも父さんや母さんの眠る地球を僕の手で素晴らしい大地にしてみせる、かならず」
車掌 「そうですか、よく決心しましたね。成功を祈ってます!」
車掌、去る。
メーテルが999から降りて来る。
メーテル 「鉄郎」
鉄郎 「メーテル」
メーテル 「あなたの決心を聞かせてもらったわ。鉄郎もすっかり成長したわね、
嬉しいわ。」
鉄郎 「いやあ..」
メーテル 「この先もいろいろとあるでしょうけれど、しっかりと頑張るのよ。
あなたには無限の可能性があるんだから、いいわね?」
鉄郎 「うん..メーテル、どうしたの?」
涙を拭くメーテル。
メーテル 「ごめんなさい、何でもないの。そろそろ発車の時間だわ。
私はちょっと用を済ませてくるから、先に乗ってて」
鉄郎 「うん」
メーテル 「鉄郎」
メーテル、しゃがんで鉄郎にキスをする。
ボーっとしたまま座席へ。
鉄郎 「ははは・・・、ん?」
『鉄郎へ』と書かれた手紙を見つける。


~鉄郎とメーテルの別れ 999と777~

発車のベルが鳴る中、手紙に「お別れ」の文字を見つけ、窓から顔を乗り出す。
鉄郎 「メーテル..メーテル!
(手紙が落ちる) あ・・・!
777に乗っているメーテルを見つける)メーテル!メーテル!
(汽笛が鳴り、走り出す999)メーテル!
(同時に777も発車)メーテルー!」
哲郎のほうに振り向くメーテル。
手紙 『鉄郎..とうとう別れの日が来ました。
あなたが一人立ち出来た時が、あなたと私の別れの時でもあるのです。
いつかは必ずこの日が来る事を覚悟しながら、私は旅を続けて来ました、
つらく悲しく定められた旅を..
(メーテルの前に顔が見えない少年が乗っている)
いま私は他の少年を未来へ導くために新たに旅立ちます。
もう、二度と鉄郎と会うことはないでしょう。
777と999が同時に空へ飛び出す)
私はあなたの思い出を胸に、永遠の旅を続けます。
果てしない旅を..さようなら、鉄郎。
いつまでも元気で」

(うなずくメーテル)さようなら・・・
(涙をふく鉄郎、笑顔を見せる。)”
777が999の軌道と別れ、メーテルが遠くなっていく。
鉄郎 「さようならメーテル、さようならー!さようならー!」


~ナレーション~

人は言う、
「999は少年の心の中を走っている列車だ」と。
鉄郎は、ふと思う、
「鉄郎の旅は、はじめから鉄郎一人の旅ではなかったのだろうか」と。
<メーテル>は 鉄郎の青春を支えた幻影。
たくさんの若者の胸の中で生まれ、通り過ぎてゆく明日への夢。

いま万感の想いを込めて、汽笛が鳴る。
さらば、鉄郎
さらば、メーテル
さらば、銀河鉄道999

さらば、少年の日よ・・・



    
「銀河鉄道999」 アニメDVD











Posted by 最終回 at 23:41